これさえできれば失敗なし?信用取引のコツ

信用取引とはどんなものなの?

信用取引とは、証券会社に信用をつくることで本来持っているお金よりも多くのお金を使って取引をすることができる方法になります。最大で3倍ものお金で取引をすることができます。さらには、証券会社によって保有している株式を担保にお金を貸してくれることもあります。保有している株式の8割の評価額に3倍した金額を利用することができるケースもあります。
信用取引をすることで、大きく自分の持っている可能性を広げることができます。そして、チャンスをどんどん広げていくことができるでしょう。しかし、信用取引をするということは証券会社に借金をして取引をするということなので、度を越してしまわないように注意が必要になるのではないでしょうか。

信用取引のコツって何?

信用取引のコツはあまり長い期間保有しないことになります。信用取引を利用することで、大きなロットで取引することが可能になりますよね。そのため、大きく儲けることができる一方で、大きく損をしてしまうこともあるでしょう。大きく損をすることを避けるには、細かい利益確定をすることが一番です。細かく利益を確定することができていたならば、急に市場が大きな変化をした時でも柔軟に対応することができるでしょう。
また、長く持っているとそれだけ多くの金利が発生してしまいます。金利は利益から徴収されてしまうので、それだけ利益が減ってしまいますよね。そのため、金利の面から見ても、長く保有することは避けた方がいいと言えるでしょう。

株の信用取引は証券会社の口座にある程度の金額または株を保有すると出来るようになります、一番のメリットはレバレッジを効かせて実際の何倍もの取引が出来る、持っていない株式を売る、から売りが出来ることです。

© Copyright Investment Objectives. All Rights Reserved.