破産の可能性?取引前にチェック!

教えて!信用取引とは何?

信用取引とは、チャンスを大きく広げることができる取引をさします。本来持っている現金を証券会社からの信頼を獲得することで、最大3倍の評価額で取引をすることができるのです。そのため、信用取引を利用することでチャンスを最大3倍に広げることができると言っていいでしょう。
信用取引を始めるためには、信用口座を開設する必要があります。証券会社から投資経験の長さや投資資金額や年収などの質問について応えなければいけません。そして、質問に答えると、信用取引のための審査が始まります。審査を通過すると、信用取引をスタートさせることができます。信用取引は現物取引と手数料が違うことが多いので、改めて細かい部分の確認をした方がいいのかもしれません。

信用取引って破産するの?

信用取引は使い方を誤ってしまうと、破産の可能性があるでしょう。信用取引をして売買をしているうちに、損失が出てしまうことがあるはずです。その時に、すぐに損失を確定してしまえばいいですが、そのまま持っていると利益になることがあるかもしれないとずっと持ち続けるという決断をしてしまうケースもあるはずです。元に戻って利益になることも考えられるでしょう。それと同時にどんどん損失が膨らんでしまうこともあるのかもしれないですよね。
そして、損失が膨らみすぎて本来持っている現金よりも多くの額が損失額として計上されることも考えられますよね。そのため、追加で入金しなければならなくなります。それができなければ、破産することも決断しなければ敷けなくなる可能性があるでしょう。

信用取引とは信用をもとに株などの取引を行うことです。保有資産以上の取引ができます。注意点もあり、その一つが信用取引の金利です。借りている株に毎日金利が発生します。

© Copyright Investment Objectives. All Rights Reserved.