そもそも信用取引とは?

信用取引の意味や仕組みについて

信用取引とは、簡単に言えば自分の資金以上の取引を行うことです。証券会社に自分を信用してもらい、一定額の現金や証券を借ります。そして借りた資金で株を売買したり、借りた証券を売却したりしてその差額で利益を得ます。
信用取引の具体的な仕組みは、まず証券会社に委託証拠金(保証金)を預けます。そして、保証金の金額に応じて一定の現金や証券を借りられます。通常は保証金の約3倍の取引ができるようになります。
注意点としては、信用取引になれるまでは、余裕資金で行うようにしましょう。倍率も慣れるまでは3倍よりも小さな倍率で行うようしましょう。また、仕組みをあやふやなままで信用取引を行わないようにし、各証券会社に資料を請求し、内容をきちんと把握してから行いましょう。

信用取引のメリットとデメリットについて

信用取引のメリットはレバレッジ効果です。レバレッジ効果とはてこの原理のことをいいますが、てこを使うと小さな力で何倍もの力になり大きなものを動かすことができます。信用取引では保証金30%の場合、保証金の約3倍の金額の株を保有できますのでそれだけ大きな金額の取引ができます。利益が出た場合も約3倍となります。
また、株価が下落時にも利益が得られることです。これを「空売り」と言います。証券会社に株を借りて売り、株価が下がったところで買い戻して、株を証券会社に返します。この差益が利益となります。
信用取引のデメリットは、損失が出た場合も約3倍の損失となることです。したがって引用取引は約3倍で利益や損失が発生します。ハイリスクハイリターンとなることをしっかり理解して注意する必要があります。

信用取引とは、簡単に説明すると「自分を信用してもらって、持っている資金以上の株式投資を行うこと」です。

© Copyright Investment Objectives. All Rights Reserved.