株式も担保に!最大3倍の金額

信用取引とはどんなものなのか?

信用取引とは証券会社に信用をしてもらうことにより、証券会社に入れてあるお金より多くのお金で売買をすることができる方法になります。現金は最大で3倍の評価額になります。また、証券会社によっては手持ちの現物株を担保にして、信用取引をすることが可能になります。その際の評価額は額面の8割というケースが多いでしょう。
信用取引は証券会社に借金をして、売買を行うことになります。そのため、現金のみの売買の場合マイナスが増えていってもただ堪えればいいですが、信用取引の場合は借金が発生してしまうこともあります。そして、新たに現金を入金しなければいけないこともあります。現金を入金しなければ、追加で売買することはできないことはもちろん出金することもできなくなり口座が凍結状態になってしまうこともあるでしょう。

信用取引のメリットって何?

信用取引のメリットは、より多くのチャンスをつかむ可能性があるということになりますよね。最大三倍の資金を運用することができるためどんな売買をするのかという選択肢を増やすことができます。いかに効率よく設けることができるかということを追求しながら、売買することが可能になるでしょう。そして、チャンスをつかむことにより、手持ちの資金を大きく増やすことができるのではないでしょうか。現金のみの売買に比べて、格段に速いペースで資産を増やしていくことが可能になるでしょう。
早いペースで資産を増やしていくことができるということは、裏を返せば速いペースで資産を減らすこともできるということになるでしょう。そのために、これから市場がどう動くことに注意を払うことが大切なのかもしれません。

信用取引を行う場合には、いくつかの費用がかかります。そのひとつである信用取引の手数料とは、取引の際に発生する費用のことです。

© Copyright Investment Objectives. All Rights Reserved.